ニュージーランド生まれで甘みが強いキウイの品種「ゼスプリゴールド」の収穫作業が、佐賀県内で始まった。秋の好天で例年以上の出来。作業は11月中旬まで続き、350トンほどの収量が見込まれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加