■地域の水や天候を支配 太宰府市の都府楼跡に立つと、南大門の正面に基山(きざん)が屹(きつ)立する。すなわち基山を基準にして、大宰府政庁が建設されたことが分かる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加