県立森林公園の自然池で16日、生態系を調査するための「池干し」があった。水を抜いた池で、胴長を着た学生らが投網などで生物たちを捕獲、外来種の有無などを調べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加