2回戦・佐賀北-鹿児島実 7回裏1死二塁のピンチで、先発中島拓朗(右)が立つマウンドに集まる佐賀北ナイン=大分市の別大興産スタジアム

 佐賀北は一回に先制したものの、投手陣が相手打線を抑え切れず敗れた。三回、三塁打2本を含む計3本の安打で2点を奪われ逆転されると、四、六回にも1点ずつ献上。七回1死一、二塁で先発中島拓を救援した小野も二塁打を浴び、さらに2点を失った。

 打線は一回、内野安打と盗塁で二塁に進んだ2番大坪を3番原田の中前適時打でかえし先制。しかし、以降は三塁を踏めなかった。

=投打で力の差実感=

 県大会を制して九州の舞台に臨んだ佐賀北だが、要所で持ち味の粘りを発揮できず、鹿児島第2代表の鹿児島実に及ばなかった。百崎敏克監督は「ここぞという場面で力が出せなかった。選手たちは県外のレベルの高さを身をもって体感したはず」と振り返った。

 先発中島拓朗は、一、二回は走者を背負いながらも低めに抑える投球でしのいだ。だが、三回以降シャープに振る相手打線に失投を捉えられた。「点を取られた球は全て高めに浮いた」。詰めの甘さを反省した。

 打線は二回以降、縦横の変化球を低めに集める相手左腕にかわされた。七回表には2人の代打と代走を送って勝負を仕掛けたが得点できず、逆にその裏、四球と長打2本でダメを押された。

 投打で力の差を見せつけられた佐賀北ナイン。百崎監督が掲げる「3点以内で守り勝つ野球」で甲子園を目指すには成長が必要と実感した。中島は「下半身強化が全てにつながる」と、体力を今冬養うことを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加