1回戦・佐賀商―大分西 佐賀商5回表1死三塁、1番山﨑陸が左越え適時二塁打を放ち、3―0とリードを広げる=大分市の別大興産スタジアム

 4季連続九州大会出場の佐賀商は、打線の13安打の躍動と2投手の粘投で大分第4代表の大分西を寄せつけず好スタートを切った。森田剛史監督は「硬さが見られたが、無失点で守り切ったことは大きい」とねぎらった。

 打線は七回、集中力を見せた。2死から2番上田哲平の四球を皮切りに、この日4安打2打点の4番空閑壮耶、6番山口大誠がそれぞれ2点二塁打を放つなど4本の長短打を集めた。

 一方、先発木村颯太と五回から救援した永渕拓大の両右腕は、計7四死球を許すなど毎回走者を背負う投球となったが、要所を締めた。24日の2回戦は長崎第1代表の長崎日大との対戦。森田監督は「相手は試合巧者。2人に踏ん張ってほしい」と一層の奮起を促した。

このエントリーをはてなブックマークに追加