佐賀商が最終盤に集中力を発揮、長崎日大に逆転勝ちした。

 2点先行されたが五回に同点に追い付き、九回、敵失と犠打で1死二塁とすると4番空閑の中越え適時二塁打で勝ち越した。さらに6番山口の右前適時打で2点差にリードを広げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加