ようやく冷えてきた三瀬だが、体の芯に刺さるほどの例年の寒さではない。外の冷気が極むほどに薪(まき)の暖や家族や仲間の手料理と笑いが心を溶かすものなのに。 この年明けは家族全員で東京に帰省した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加