地域福祉を考える「第12回チャレンジドフォーラム」が7日、佐賀市のメートプラザで始まった。障害者や難病患者が生きづらさを感じないような地域づくりに向け、行政や福祉、医療関係者が議論を深める。8日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加