佐賀県は9日、県立名護屋城博物館に配置している公用の軽トラック1台を、車検が切れたまま使用していたと発表した。8月下旬の車検満了後も28日間、計468キロを走行していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加