唐津市発注の公共工事をめぐる不正入札事件で、加重収賄などの罪に問われた前市部長佐伯善春被告(59)=同市町田1丁目=の公判が7日、佐賀地裁(杉田友宏裁判長)であり、検察側は「競争入札制度の公正を著し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加