秋真っ盛りの御巣鷹の尾根には、鎮魂の黄色い風車が勢いよく回っていた。日航機墜落で520人が犠牲になった事故から30年を迎えた今年、記者仲間たちと群馬県へ出かけた。 事故当時、捜索は難航した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加