■知事選しこり、支持流動化 「何としてでも小城町から県議を」。6日、小城市のJA中央支所であった新人の池田正恭(59)の個人演説会。総括責任者は集まった約90人に悲願実現への支援を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加