佐賀市の県立総合看護学院(樗木(おおてき)等学院長)で7日、入学式が行われた。看護師や助産師を目指す新入生74人が門出を迎えた。 式辞で樗木学院長は「医療は心の深いところで関わる仕事。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加