木材の伐採の正確さやタイム、安全対策を競う「第7回県きこり選手権」が22日、神埼市脊振町で開かれた。林業に従事する14団体42人がチェーンソーを使ってヒノキを切り倒す伐倒競技や丸太切りなどに挑んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加