「映画はみんなで観(み)て、語り合うことで初めて完成するんです」。尾道三部作などで知られる大林宣彦監督が唐津市のトークイベントに出演した際、映画の持つ“力”について言及した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加