佐賀市兵庫町の県消防学校(鮎川慎吾校長)で8日、消防職員初任科(第59期)の入校式があり、県内5消防本部に採用された18~25歳までの入校生35人が新たな一歩を踏み出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加