使用済み核燃料を一時貯蔵する施設について、唐津市の今後の対応を語る坂井俊之市長=唐津市役所

 唐津市の坂井俊之市長は24日の定例会見で、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)に近接する鎮西町串地区の地権者が使用済み核燃料の一時貯蔵施設建設に協力する要望書を提出(後日取り下げ)したことを受け、「乾式貯蔵施設についてもっと知識を深めないといけない」と述べ、市役所内部で勉強会を開く考えを示した。

 坂井市長は「原子力は一番重い課題」とした上で、今回の要望書については「唐津市にとってメリットがあるかどうかは分からないが、地区の方からの重い意思だろうと思いお受け取りした」と語った。「まずは再稼働の議論が最初」とし、市が施設建設の是非を判断する時期ではないと強調した。

 一方、「一回引っ込められたが、(要望書が)出た以上は議会の中で議論になってくるだろう」とも述べ、推移を見守るだけでなく、勉強会などを開いて市として知識を深めていく必要性を示した。また、串地区住民が今後、区として協議する場合には、要請があれば、説明会に市の専門家を派遣したり、九電に説明を要請したりするなどして協力する姿勢を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加