東松浦郡玄海町で栽培された薬用植物「トウキ」を原料にした化粧品製造に向け、地元農家と神奈川県横浜市の企業が10日、売買契約を前提とした覚書を締結した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加