「議会や政治家への不信を招いたことは否めない」-。服巻稔幸氏の議員辞職を受け29日、県議会には「やむを得ない」という受け止め方が広がる一方、自戒の言葉も口をついて出た。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加