武雄市の西川登小(原口常博校長、112人)の子どもたちが、近くの介護老人福祉施設第二御船荘「楽」にリクライニング機能付き車いすを贈った。地域の協力も得ながら2年間かけて集めたアルミ缶で購入した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加