■“空白地”で浸透図る 現職2人と元職1人が2議席を争うが、各候補の知事選時の動向が絡み混戦模様。農業票と候補者がいない上峰町、旧三根町の票が鍵で、8千票前後が当落ラインとみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加