■自民、現有維持へ苦戦 定数6に10人が挑む最大の激戦区。公明と共産は若手新人を擁立し、佐賀市とあわせ2議席の獲得へ総力戦となっているほか、「反原発」を訴える無所属のベテランも堅調。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加