開催中の大相撲九州場所で西前頭筆頭の大砂嵐(おおすなあらし)関と闘鵬(とうほう)が、場所前に神埼市の櫛田宮を訪れた。神社に参拝後、境内の相撲場で子どもたちに稽古をつけた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加