韓国や欧州で生態系への影響が問題になり、福岡県北九州市で8月に見つかった特定外来生物「ツマアカスズメバチ」について、佐賀など6県は12日、連絡会議を発足させた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加