■県立産業技術学院「ものづくり根幹担う」 機械や建築などの技術者を育成する県立産業技術学院(織田良範学院長)の入校式が9日、多久市の同校で開かれた。設立20年の節目に当たる本年度は53人が入学。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加