児童虐待の防止対策を協議する厚生労働省専門委員会のワーキンググループ(座長・奥山真紀子国立成育医療研究センター副院長)は12日、児童相談所が担っている保護など強制措置を伴う「介入」と、親に対する「支…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加