笑顔で健闘を誓う佐賀県チーム。左から田中雅之、楢﨑雄磨、吉田多聞=岐阜県の岐阜都ホテル

 第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会(佐賀新聞社など全国新聞社事業協議会主催、岐阜新聞社主管、あいおいニッセイ同和損害保険協賛)は26日、岐阜県の岐阜関カントリー倶楽部(7270ヤード、パー72)で開幕する。

 佐賀県代表の吉田多聞(36)=基山町、田中雅之(59)=伊万里市、楢崎雄磨(23)=唐津市=の3選手は25日、雨が降る中であった練習ラウンドでフェアウエーやグリーンの感触を確認。2年ぶりの全国大会出場で今大会キャプテンを務める吉田は「九州には無いようなとても距離のあるコース。フェアウエーキープが鍵になりそう」と話し、本番へ向けて気持ちを高めていた。

 大会には47都道府県代表の48チーム(開催県の岐阜県は2チーム)が出場。2日間で36ホールストロークプレーを行い、1チーム3人の団体戦と個人戦でアマ日本一を競う。

このエントリーをはてなブックマークに追加