佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画問題で、防衛省が佐賀県と漁協との公害防止協定や覚書の存在を知った時期について県議会で説明した内容が、これまでの防衛省幹部の発言と食い違うことが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加