介護の日の11日夜、佐賀市のJR佐賀駅周辺で、介護福祉を学ぶ大学生らが街頭に立ち、住み慣れた地域で介護を受けながら安心して暮らせる社会づくりを訴えた。 県介護福祉士会が毎年キャンペーンを行っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加