佐賀市の高木八幡宮で8日、市指定の重要無形文化財「ねじり浮立」が奉納された。おはやしが小鼓や鉦(かね)を打ち鳴らす中、天衝(てんつく)をつけた踊り手が五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する舞を披露した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加