戦前からフランス・パリで活動した洋画家藤田嗣治(1886~1968年)。「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像で西洋画壇の注目を集め、晩年は洗礼を受け、レオナール・フジタと改名した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加