九州沖縄地区農業法人シンポジウムが5、6の両日、嬉野市の和多屋別荘などで開かれた。各県の農業法人役員やJA関係者ら約130人が現地視察や講演を通し、今後の経営発展や地域における農業法人の役割を考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加