鳥栖への加入が決まった横浜F・マリノスのDF小林祐三(左)

 サガン鳥栖は30日、今季で横浜F・マリノスを契約満了になったDF小林祐三(31)が完全移籍で加入すると発表した。J通算370試合に出場している右サイドバックで、加入がチーム内に競争を生み出し、活性化することが期待される。

 小林は東京都出身で176センチ、72キロ。静岡学園高から2004年にJ1柏レイソルに加入し、センターバックとして守備をけん引した。11年に横浜に移籍し、右サイドバックの主力として躍動。今季もリーグ戦33試合に出場し、横浜の天皇杯4強入りにも貢献した。

 小林はクラブを通じ、「ピッチ内外でクラブに貢献できるよう全力を尽くす。ベストアメニティスタジアムでプレーするのが今から楽しみです」とコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加