千住友二さん(61)

■家族として海外選手応援

 娘からの提案で、初めてホームステイボランティアのホストファミリーになる。娘から相談された時、すぐに「どうぞ」と答えた。仕事でたびたび外国人と関わってきたし、私が18歳の時にホストファミリーになったこともあった。

 ロシアの選手4人を受け入れる。ホームステイしている間に日本人の温かさや真面目さ、おもてなしの心を感じてもらえたら。競技期間中は会場に足を運び、“家族”として選手たちを精いっぱい応援していきたい。

 子どもが小さい頃は、バルーンの大会が始まると早朝から会場に足を運んだ。地元の人も魅了するバルーン大会を通して、より国際色豊かな佐賀県になればいいなと思っている。(公務員、佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加