佐賀県の住宅政策の指針「県住生活基本計画」を見直す策定委員会が1日、佐賀市の県自治会館で開かれ、増加傾向にある空き家対策など論点を議論した。専門部会を含め検討を重ね12月をめどに改定する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加