福岡都市圏のベッドタウンとして発展した三養基郡基山町は、住宅団地の高齢化や若年者の流出が進み、6次産業化による中山間地の振興や町内移住による人口減歯止めに力を入れ始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加