防犯ボランティアらがワイヤ錠を配り、自転車の施錠を呼び掛けたキャンペーン=上峰町のイオン上峰店

 自転車盗難被害を予防する啓発キャンペーンが上峰町のイオン上峰店であり、鳥栖署員や防犯ボランティアが買い物客にワイヤ錠などを配り、鍵掛けの励行を呼び掛けた。

 鳥栖署と鳥栖・三養基地区防犯ボランティア連絡協議会が合同で行った。関係者約20人が2カ所に分かれ、ワイヤ錠200個を配布、鍵掛けや二重ロックを呼び掛けた。

 同署管内では、8月末現在で113件の自転車盗難の届けがあった。うち73・5%が無施錠で、全国や県平均に比べても無施錠の割合が高い。

 キャンペーンでは、被害が後を絶たないニセ電話詐欺についてもチラシや電話機につける防止グッズなどを配布し注意を促した。

このエントリーをはてなブックマークに追加