■知事選しこりも影響  12日に投開票された佐賀県議選は、公明、共産が唐津市・東松浦郡で初の議席を獲得する一方、1月の県知事選のしこりが残る選挙区は、副議長まで経験した2人の自民現職が涙をのんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加