小児科や産科などの医師不足対策として佐賀大学医学部に県推薦枠で入学した森健史郎さん(18)=致遠館高卒=と、新藤優里さん(18)=筑紫女学園=が8日、県庁を訪れ、山口祥義知事に大学生活の抱負を語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加