多久市教育委員会は26日、多久中央小の給食にナイロン製のたわしの毛が混入していたと発表した。調理器具類を洗浄した際、たわしの毛が切れて混入したとみている。体調不良を訴える報告はないという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加