パリ同時多発テロを受けて、トルコで開催されたG20首脳会合は、過激派組織「イスラム国」への外国人戦闘員の流入増加に懸念を表明し、国境管理の厳格化やテロ資金供給の遮断などを盛り込んだ声明を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加