佐賀市の秋の風物詩として知られる東与賀町に自生するシチメンソウ群生地に「異変」が起きている。11月の紅葉時期に入り、群生地の一角で、別の緑色の塩生植物が目立ち始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加