旭化成建材のくい打ち工事データ流用問題をめぐり、佐賀県は16日の県議会決算特別委員会で、県が施工データを保有していない民間建築物は「県独自の調査が困難」という認識を示し、現行の法制度やチェック態勢の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加