バルーンパイロットに挑戦し、苦戦する吉武さん=9月、佐賀市のバルーンミュージアム

バルーンの競技を学ぶ吉武さん=佐賀市のバルーンミュージアム

 28日から佐賀市で開催される「熱気球世界選手権」に先駆け、9月にオープンしたバルーンミュージアム。オープニングセレモニーに訪れた佐賀市プロモーション大使のバリトン歌手・吉武大地さんが、2階の展示の見学やシミュレーターを体験。まだ見たことのないバルーン大会に胸を躍らせた。

 バルーンミュージアムでは日本で初めて飛行に成功した「イカロス5号」の展示や気球の歴史に関わった人物の紹介ブースを見て、冒険家のロマンに触れた。バルーンのパイロット体験ができる「バルーン・フライトシミュレーター」では、行きたい方向の気流にあわせて高度を上げ下げするなど本格的な操縦に大苦戦した吉武さん。制限時間内に目的の場所に着けず、「何度か挑戦したい」と童心に返って楽しんでいた。

 海外でも活躍する吉武さんは各地のコンサートで、バルーンフェスタの応援ソング「Fly High」を歌う前にバルーン選手権はもちろん佐賀の魅力も紹介している。しかし、吉武さんは写真や動画でしかバルーンを見たことがなく、「(実物を見る)大会当日がとても楽しみです」と目を輝かせた。

 ※吉武さんのインタビューとミュージアム体験の動画は佐賀新聞LiVEで公開中。

このエントリーをはてなブックマークに追加