■国策に揺れ、深まる混迷  夜明け前、まだ薄暗い窯場に深紅の炎が揺れる。西松浦郡有田町の今泉今右衛門窯。昔ながらの薪(まき)を使う窯では、職人たちが交代で40時間近く黙々と火の番を続ける。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加