美空ひばりさんがプライベートで愛用した着物や宝飾品が並ぶ会場=有田町幸平の「有田館」

 昭和を代表する歌手、美空ひばりさんゆかりの品々72点を並べた「昭和の歌姫 美空ひばり展」が、有田町幸平の伝統文化の交流プラザ「有田館」で開かれている。入場無料。28日まで。

 展示品はひばりさんファンの中町哲・五月枝(さつえ)さん夫妻(東京都在住)が、2008年に「有田お祭り振興会」に寄贈したものの一部。有田町内で毎年開かれる皿山まつりで、ひばりさん唯一のご当地ソング「有田音頭チロリン節」が踊られることが縁となった。

 会場には、「チロリン節」や「リンゴ追分」などのシングルレコードのほか、ひばりさんがプライベートで愛用していた着物や帯、指輪、ネックレスなどが並ぶ。入り口では等身大のひばり人形が来場者を出迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加