鳥栖工高(山口光一郎校長)機械科の2年生44人が、キューポラ(溶解炉)を使った鉄の溶解・鋳造実習に挑んだ。生徒たちは細心の注意を払いながら、高温に熱され赤い液体状になった鉄を鋳型に流し込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加