吉野ケ里町の北村醤油醸造(北村好広社長)は、古代米の一種とされる「赤米」を使ったみその試作に取り組んでいる。これまでに10キロ分の仕込みに成功し、原料が入手できれば量産できるめどが立ったという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加