日本、韓国を代表する陶磁器作家の作品約60点を集めた「日韓やきもん交流展」が21日、窯元ツーリズムに合わせて唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館で開幕する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加