攻撃のパス回しを練習するLW上田宏紀(左)らトヨタ紡織九州の選手たち=神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナ

■勝って反転攻勢へ

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は29日午後1時から、宮城県の大和町総合体育館でトヨタ自動車東日本(宮城)と対戦する。トヨタ紡織九州は7試合を終えて1勝6敗の暫定8位。前半戦のラストゲームで勝利をつかみ、反転攻勢の足がかりにしたい。

 トヨタ自動車東日本は6試合で1勝1分け4敗の暫定7位。順位争いの直接対決となるだけに、トヨタ紡織九州の石黒将之監督は「必ず勝たないといけない相手」と闘志を見せる。

 27日に神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナであった練習では、選手たちがサイドを幅広く展開しながらパス回しの位置取りを確認。副主将の上田宏紀は「誰よりも声を出して激しく食らいつき、応援してくれる皆さんに勝ち試合を報告したい」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加